2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

中山芝1800mはゴール手前の坂下をスタートし、内回りコースを一周するコース形態となっています。

スタートしてから1コーナーまで直線が短く、また、スタート直後が上り坂になっているため、基本的に先頭争いがあまり激しくなりません。その後は、ダート1800mと同じような感じで、4コーナー手前からペースアップすることがよくあります。

最後の直線は短いのですが、最後に急坂があるため、ペースしだいで差し馬がくることもあります。

1800mのコース設定は1200mと同様あまり多くないので、昨年12月と今年1月の開催分を集計します。連対馬の脚質は以下のとおりです。

逃げ - 9
先行 - 5
差し - 5
追込 - 1

基本前が有利で、差しも届くと考えておくといいでしょう。

特徴的なところをあげると、対象の10レース中、4コーナー先頭で回った馬が、5連対しています。また、2番手の馬も3連対です。逆に、1番手または2番手の馬が連帯していないレースは2レースしかありません。

しかも、1番手の馬の人気は、それぞれ(7 6 6 6 4)と、人気薄ばかりです。

ペースに関わらず、1番手もしくは2番手の馬が粘りやすく、(特に人気薄で警戒されない1番手の馬が狙い目)、後ろの馬が届くかどうかはペースしだいといえるでしょう。

人気薄の単騎先行は要注意です。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

スポンサーサイト
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

中山芝1200mは、外回りコースの向こう正面をスタートしコースを半周します。スタートから下り坂がしばらく続き、コーナーを回って直線、最後が急坂という形です。

芝1200mコース共通の特徴ですが、ペースが緩む部分があまりないのですが、反対に直線一気というのも難しく、基本的には前が有利となります。ただ、中山の場合、最後に急坂があるので、差し馬が届く場合もあります。

冬場は芝コースの設定が少ないため、去年の12月と今年の1月の2開催分のデータを使って、連対馬の脚質を集計してみました。

逃げ - 7
先行 - 9
差し - 6
追込 - 0

1番多いのは先行馬ですが、逃げ・差しもそこそこきています。追い込みは一頭もいませんでした。逃げ馬は7連対していますが、4コーナー先頭は一頭しかいないこともポイントです。

2番手以降の馬を買うのがいいかと思います。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     


中山芝コースの短距離は、1200m、1600m、1800m、などがあります。すべて特徴があるので、取り上げたいのですが、冬場は芝コースのレース数が少なく、データをとりずらかったので、今回は1600mに絞ります。

中山芝1600mは、1コーナーの奥をスタートし、コースをほぼ1週するような形になっています。コース図を見るとわかるのですが、スタート後すぐの2コーナーのカーブがきついため、一般的に外枠不利といわれます。2コーナーまでの距離が短いため、外の馬は内にもぐりこむことができず、外を回らざるを得ないためです。

GⅠの朝日杯フューチュリティーSがこのコースで行われ、その際にはよく枠の有利不利がよく取り上げられますが、条件戦などの時には忘れがちではないでょうか?こういった例は他にもあるので意識しておくとよいと思います。

2コーナーまでがすぐであるため、あまりペースがあがることはありません。向こう正面はたんたんと流れることも多いので、最後の急坂でとまることもありますが、基本的には前有利です。

ザレマの勝った昨年12月のターコイズSや、一昨年のゴスホークケンの勝った朝日杯フューチュリティーSなどが典型的です。

今年1月開催の連対馬の脚質は以下のとおりです。
逃げ - 10
先行 - 10
差し - 4
追込 - 2

逃げ・先行有利で、ペースや馬場次第で後ろからも届くと覚えておくといいと思います。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     


中山ダート1800は、4コーナーまわった直線入り口をスタートし、コースを1周ちょっとします。やはり最後の直線の急坂が特徴です。

小回りということで基本的には前が有利ですが、しかけどころしだいでは後ろの馬が来ることもあります。

レースを見ているとよくわかるのですが、3コーナーすぎから騎手が追い始め一気にペースアップすることも多く、後ろからの馬がまくって勝つようなレースもちらちらみかけます。

昨日も書きましたが、2番手の馬次第で結果のかわる典型的なコースともいえるかと思います。

今年1月開催のレースの連対馬の脚質は以下のとおりです。
逃げ - 32
先行 - 18
差し - 5
追込 - 3

やはり、前有利ですが、後ろから届かないこともないといえます。

今開催から、関東・関西ともに競馬場がかわりますが、各競馬場の特徴を生かして馬券作戦を立てるのもよいと思います。

例えば、東京1600mは差し馬有利ですが、中山1800mは逃げ有利ですので、東京1600で逃げて失速した馬を中山1800で買ったり、東京1600 で差して勝った馬を中山1800で消したり、圧倒的に逃げ有利の京都1200を差してこれなかった馬を阪神1200で買ったりなどです。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     


中山コースのダート競争は、ほとんどが1200mか1800mです。今日は1200の特徴をあげます。

中山ダート1200は、2コーナー奥のポケットからスタートし、コースを半周します。最初の部分が芝であることが特徴でしょう。

スタートが芝・向こう正面の長い直線・最後の直線の急坂などを考えると差し馬有利なのかと思いますが、意外に前が残ります。コーナーがきついこともあり、4コーナーで外を回ってあがっていくと外に膨らみやすいのでなかなか仕掛けどころが難しく、直線に入ってからでは、直線が短すぎて追い込めないということがあるかと思います。

今年1月の中山開催の連対馬の脚質は以下のとおりとなっています。
逃げ - 31
先行 - 17
差し - 7
追込 - 1

特徴として、レースを見ていると良く目に付くと思いますが、最後の急坂で逃げ馬が失速するというがよくあり、その場合、差し馬が届くこともしばしばあります。単に逃げ馬を買えばいいのではなくペースをよく考えた上で買う必要があるでしょう。

先日、面白い話を聞いたのですが、レースを作るのは逃げ馬ではなく2番手の馬だそうです。確かに、2番手が追っかければ、ペースは速くなるでしょうし、2番手が抑えれば、1頭逃げていたとしても実質的にはスローペースと捉えることができます。

2番手の馬がどうでるか、馬の特徴や騎手なども考えると予想に深みがでるかもしれません。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。