2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

阪神競馬場のダート1400mは2コーナー奥のポケットをスタートし、最初芝の部分を走ります。後は、1200mと同じで、こちらも京都競馬場のダート1400mとコース設定が似ています。

最初の直線が長いため、ポジション争いが激しくなりやすく、最後の直線に坂もあることから、先行・差しあたりが有利と思っていたのですが、調べてみると意外な結果でした。

昨年12月と今年の3月開催の連対馬の脚質は以下のとおりです。

逃げ - 26
先行 - 13
差し -  6
追込 - 1

むしろ、1200mよりも逃げ有利の結果となっています。

京都コースと阪神コースの1200・1400m戦について調べるまでは、

京都1200>京都1400>阪神1200>阪神1400

の順に前が有利と思っていましたが、実際に調べた結果では、

京都1200>阪神1400>阪神1200>京都1400
でした。

対象レースがそこまで多いわけではないので、誤差の範囲で変わる可能性はありますが、阪神1400mは前が有利なことは変わらないでしょう。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

スポンサーサイト
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

阪神ダート1200mは2コーナーを回った向こう正面の直線入り口をスタートし、コースを半周します。

向こう正面の直線はそこそこ長く、4コーナーから直線半ばまで緩やかな下り坂が続いた後、ゴール手前に上り坂があります。

コースの形は京都競馬場とかなり似ていますが、最後に上り坂がある分、京都競馬場よりも逃げ馬は残りにくいのですが、とはいっても前有利であることに変わりありません。

連対馬の脚質ですが、昨年12月と今年の3月2週間分のデータを集計してみました。

逃げ - 18
先行 - 12
差し -  3
追込 -  1

ほとんどが、逃げ・先行で、差し・追い込みはほぼ来ません。17レース中、4コーナーを先頭で回った馬は8頭が連対しています。

1番人気はそこそこ来ているのですが、12番人気一着や9番人気一着などもあり、比較的荒れやすいレースといえます。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

遅ればせながら阪神競馬場の紹介をします。まずは、全体的な特徴から。

2006年に改修が行われ、芝コースは従来の内回りコースの3コーナーから4コーナーの外側に外回りコースが作られました。

従来は、中山競馬場のような小回りコースだったのですが、外回りコースの最後の直線は473.6mもある大きな競馬場に生まれ変わりました。

東京競馬場でも同じことがいえますが、最後の直線が長い=追い込みやすい というわけではなく、ぎりぎりまで仕掛けを遅らせるがために、前の馬が残ることもしばしばあります。

他の特徴としては、4コーナーから直線半ばにかけてゆるやかな下り坂があり、ゴール手前に150m程度、急な上り坂があります。

最後に急坂があることや広いコースであることから、先行・差し馬が有利なケースが多いです。というよりも、実力通りの結果になりやすいということかもしれません。

ダートコースは芝内回りコースの内側に作られていて、やや小回りな作りです。下り坂・上り坂ともに芝コースよりも若干緩やかになっています。

坂が緩やかなため、芝コースよりも前が残りやすい傾向にあります。

各距離別の特徴は、明日以降にします。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。