2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都芝コースは内周りコースと外周りコースがあります。

一般的に内回りは前有利、外周りは後ろ有利といえます。

また、開催が進むにしたがって芝が荒れてくるので、
開催前半は前有利、開催後半は後ろ有利になっていきます。

これは、どの競馬場でも同じ傾向があるので、
午前中のレースなどを見てその日の傾向を捉え、
予想に生かすとよいと思います。

ただし、今の京都は、開催進んできているにも関わらず、
圧倒的に前が有利です。内回り外回り関係なくです。

特に先週はそれが顕著でした。

日曜日は、芝4レースのうち、4コーナー先頭が2勝
4コーナー2番手が2勝と完全に逃げ有利です。

今週もさらに前が有利なことが想定されるので、
展開や斤量などを考慮して前の馬を狙ってみると面白いかもしれません。

距離別の傾向はまた別の機会にします。




↑↑ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
今回は、京都ダート1800の特徴です。

京都ダート1800はゴール前をスタート地点に、コースを約1週します。
特徴としては、最初の直線が短いことがあげられます。

最初の直線が短くすぐに1コーナーへ入っていくので、
スタート直後の位置取りが少なくとも向正面までは続くので、
ペースが上がりにくくなります。

これはどこの競馬場でも同じなので覚えておくといいと思います。

京都ダート1800の場合、平坦な直線及び3コーナーからの下り坂という要因も加わり、
やはり基本的には前が有利です。

ただし、向正面でペースアップすることもあるため、
1200や1400に比べて先行・差しの割合は高くなります。

同じく、年明けの連対馬40頭の成績を上げておきます。

逃げ-20
先行-12
差し -7
追込-1

1200に比べて逃げの割合が減り、先行・差しは増えていますが、
追込は難しいということがわかります。

もう一つ特徴をあげるなら、1800メートルという距離は、
1200や1400と違い、ペースの緩急がつきやすいということです。

向正面でいわゆる息が入るというレースも多く、
人気薄が逃げ切るということもちょくちょくあり、
配当的な妙味は、1200や1400よりもあるかもしれません。

1月10日の飛梅賞などが典型的で、
レーススタートから1番手の8番人気が1着
2番手の7番人気が2着で
馬連がなんと、23250円もつきました。

展開をじっくり検討し、人気薄の逃げ馬が残りそうな時に
攻めるというのもありかと思います。



↑↑ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

続いて京都ダート1400です。

京都ダート1400の特徴は、ダート1200の特徴に加えて、
スタート直後芝の部分があること及び向正面の直線が長いことが上げられます。

このことから、相変わらず逃げが有利であるものの、
先行や差しも届きやすいと言えます。

純粋なダート馬の場合、芝の部分でもたつき位置取りが後ろになることがあったり、
スタートがいまいちでも、向正面の長い直線を生かして強引に先頭につけようとして
ペースが速くなることもよくあります。

先ほどと同じく、年明けの連対馬20頭の脚質をあげると
逃げ-12
先行-5
差し- 3
追込-1
となっています。

比率的にはダート1200の場合とほとんどかわらないといえますが、
4コーナーを先頭でまわった馬が、ダート1200では4勝しているのに対し、
ダート1400では1勝しかしていません。

ダート1400の場合は、先頭にたって逃げる馬よりかは、
2番手につけられる馬の方が狙い目といえるかもしれません。




↑↑ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

京都コースの全体の特徴として、
最後の直線が平坦であること、3コーナーから4コーナーにかけて下り坂があること
が上げられます。

その結果、全体的にいえるのが前有利だということです。

まずは、ここを念頭において、
さらに細かいコース設定について考えていきます。

今回は、京都ダート1200です。
コースは向正面スタートで、半周回ってくるような形です。

このダート1200は、平坦な直線と4コーナーにかけての下り坂の影響をもろに受けるため、
逃げ逃げ天国になっています。

いくつかレースを見てもらうとわかると思いますが、
下り坂で各馬スピードをあげること、
及びそれ以上スピードを上げるときれいなコーナリングができないことから、
4コーナーで後ろの馬が前を交わしにいくということが極端に少ないです。

さらに直線が平坦なため、逃げ馬が良く残ります。

年明けに組まれた12戦を見ても、連対馬の脚質は、
逃げ-16
先行-4
差し -3
追込 -1
となっています。

クラスがあがっていくと、差しもとどきやすい傾向はありますが、
下級条件では、特に逃げが有利です。




↑↑ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。