2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

ダイワスカーレットの引退が決定しました。

フェブラリーステークスに向けた調教中に浅屈腱炎を発症し、
繁殖牝馬としての価値も高いことから引退の運びとなりました。

今年は、フェブラリーステークスからドバイ、そして世界を転戦するという壮大なプランがあり、
大きな夢を与えてくれていたのですが、残念で仕方がありません。

ウォッカとの対決はこれでみれなくなってしまいますが、
今度は子供の対決に期待したいですね。

ダイワスカーレットの成績は、
12戦8勝、2着2回、連対率100%というほぼパーフェクトの成績です。
毎回、スローからミドルペースの逃げということで、
真の実力はいかほどかわからず、人気は常にウォッカの後塵を拝していましたが、
超ハイペースの天皇賞での接線や、有馬記念での圧勝を見れば、
この馬の方が強かったことは間違いないでしょう。

逃げて、さらに直線で突き放すというレースっぷりは、
サイレンススズカを彷彿とさせるものがありました。

これでレースは見れなくなりましたが、
産駒の活躍に期待したいと思います。

スポンサーサイト
アドマイヤモナークが故障で競争能力喪失、引退となってしまいました。

去年の日経新春杯に勝手からの活躍は素晴らしかったと思います。

7歳馬でいまさらと思ったので、当初馬券では嫌っていたのですが、
天皇賞春、京都大賞典と好走していたので、天皇賞秋と有馬記念はがっつりと勝負しました。

残念ながら馬券は取れませんでした、
夢は見させてもらっただけに、まだまだ走ってほしかったところです。

成績を見てみると、初勝利が9戦目の3歳秋なんですね。
それでも有馬記念2着になれるということで、夢がもてますね。



↑↑ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。