上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京の短距離ダートは、1200、1300、1400、1600とあるのですが、1200はレース数が少なく、
また、1300と基本的にレースの流れがにているので、1300にまとめて考えます。

東京ダート1300は向こう正面をスタートし、ダートコースを半周する設定です。

向こう正面の直線があまり長くないので、京都ダート1200と似ているとも言えます。

したがって、基本的には前有利なのですが、
京都競馬場と違って、東京は最後の直線に坂があるため、
踏ん張りがきかないこともあり、
京都ダート1400と同じような展開が考えられます。

とはいえ、東京コースの直線が長く差しが届くイメージからすると、
意外に前が有利ということになります。

直近開催の第5回東京のデータを引っ張ってくると、
連対馬14頭の脚質は、
逃げ - 7
先行 - 3
差し - 3
追込 - 1
となっています。

以上から、基本的に逃げ有利でペースしだいで、先行・差しも来る、
追い込みはなかなか届かないと考えておけばよいと思います。



↑↑ブログランキング参加中↑↑
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆

スポンサーサイト
東京競馬場の特徴は、
最後の直線が500m以上もあり、長いこと、
そして左回りであることでしょう。

直線が長いため、差し・追い込みが届きやすいとはいえ、
逆に直線が長いために道中でペースがあがらず、
逃げ・先行が残ることもよくあります。

これは、距離や展開によるので、レースごとに検討が必要といえます。

左回りコースは、東京以外に新潟・中京とあります。

馬によっては、左回りが得意な馬・右回りが得意な馬がいるので、
少しは考慮ポイントにいれておきたいところです。

短距離レースに限ると、
ダート1200
ダート1300
ダート1400
ダート1600
芝1400
芝1600
とコース設定があるので、
それぞれとりあげたいと思います。



↑↑ブログランキング参加中↑↑
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。