2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

今週から小倉競馬が始まるので、小倉競馬場の特徴を書こうかと思ったのですが、
小回りコースは枠順や展開による有利不利が大きく出るので予想が難しく、
今週は、趣向を変えてジョッキーをテーマに書こうと思います。

気が向いたら小倉コースのことも書こうかと思います。

競馬は、馬7、騎手3といわれるように、騎手の巧拙は結構大きいものです。
武騎手などは、乗るだけで人気になったりもします。

レースをよく見てみると、コース取りや仕掛けのタイミングなど、
一流ジョッキーはさすがと思うこともよくあります。
まずは、概観してみましょう。

こちら  をご覧ください。

2008年の騎手成績一覧です。ざっと眺めるだけでも何点かおもしろいことに気づきます。

・武豊、安藤勝の連対率が飛びぬけている。
 →3着以内率は50%近くあります。2回に1回は馬券に絡んでいるといえます。

・松岡、藤岡佑、浜中、川田、吉田隼、北村友が50勝以上している。
 →若手の彼らはGⅠ等にあまり乗っていないので、あまり目立ちませんが、着実に力をつけてきています。

・四位、池添などはGⅠでの活躍しているが、イメージ程勝率はよくない。

こういった基本的なことを意外に知らない人は多いのではないでしょうか。
かくいう私も、浜中・北村友らがここまで活躍しているのは知りませんでした。

たまにはこうして眺めてみるのもいいかと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cpabaken.blog9.fc2.com/tb.php/26-8af42e25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。