2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

小倉競馬場のダート1700mは、4コーナー過ぎをスタート地点とし、
コースを1周ちょっとまわる形態になっています。

最後の直線が短いこと、坂がないことから基本的には前有利ですが、
3コーナーからペースアップすることも多く、
その場合には逃げ馬にはつらい展開になることもあり、先行勢も届きやすくなります。
ただ、直線の短さから4コーナーである程度前にとりついておく必要があり、
差し・追込は決まりにくいコース形態です。

昨年第1回小倉競馬及び先週の結果をもとに連対馬の脚質を分析すると、
逃げ - 27
先行 - 22
差し - 2
追込 - 1
となっており、前有利が顕著にあらわれています。

ただ、逃げと同じぐらい先行馬が連対していることも覚えておいたほうがよいかと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cpabaken.blog9.fc2.com/tb.php/36-42906a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。