2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

小倉競馬場の芝1200mは、2コーナーポケットをスタートし、
コースを半周する形態です。

スタート地点が坂の頂上で逃げ馬の行き脚がつきやすいこと、
最後の直線が平坦で短いことから、逃げ馬有利となっています。

昨年第1回小倉競馬及び先週の開催分の連対馬の脚質を集計すると
逃げ - 35
先行 - 19
差し - 7
追込 - 3
と圧倒的に前、特に逃げ馬有利となっています。

1着馬と2着馬をに分けるとさらに面白い結果となり、
1着馬の脚質は、
逃げ - 22
先行 - 5
差し - 4
追込 - 1

2着馬の脚質は、
逃げ - 13
先行 - 14
差し - 3
追込 - 2

と、なっています。
馬券的には、逃げ馬→逃げ馬・先行馬 という組み合わせがいいようです。

もう一つ特徴をあげるなら、芝コースは普通開催が進むにしたがって馬場の内側が荒れてくるので
だんだんと差し有利にかわっていくのですが、
小倉1200の場合は、開催の前後半で特にそういった傾向は見られませんでした。

開催後半で、差し有利の馬場ということで逃げ馬の人気が下がっているなんてことがあれば、
狙ってみるのもよいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cpabaken.blog9.fc2.com/tb.php/41-0fd1be18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。