2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

競馬場の分析などはちょっと休憩し、
懐かしの名馬をとりあげたいと思います。

まずは、僕の1番好きな馬、サイレンススズカです。

年明け2月の新馬戦を圧勝後、続く2戦目に陣営はGⅡ弥生賞を選択しました。

スタート前にジョッキー振り落とし、外枠発走となりますが、
スタートで大きく出遅れ。10馬身ほどの出遅れで、終わったかに見えますが、
1コーナーで早くも後方集団にとりつき、4コーナーでは3番手までポジションをあげます。
一瞬勝つかという勢いでしたが、最後は力尽きて8着に終わります。

続く500万を再び圧勝し、プリンシパルSも勝ってダービーの切符を手に入れます。

ダービーでは、3番手というポジションで進め、直線伸びあぐねて9着。

休養をはさみ、神戸新聞杯2着後、菊花賞へ向かわず、陣営は天皇賞秋を選択します。

天皇賞秋はエアグルーヴがバブルガムフェローとのマッチレースを制止、
サイレンススズカは6着に終わりますが、3着までは、僅差で今後に期待を抱かせる内容です。

続くマイルチャンピオンシップは新馬以来のマイル戦にペースがあわず15着惨敗。
年末に香港遠征を行い、5着という成績で4歳を迎えることになります。

正直、ここまでは、初戦の圧勝や、弥生賞のパフォーマンスからすると
物足りない成績です。
ところが、明けて4歳になってからが圧巻の連続でした。


長くなりそうなので、続きは次回にします。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cpabaken.blog9.fc2.com/tb.php/43-3022cef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。