2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

年が明けて4歳になったサイレンススズカは、
圧倒的なスピードを生かした逃げで強さを見せつけていきます。

年明け初戦のバレンタインSはメンバーも弱く、4馬身差の快勝。
続く中山記念でようやく重賞初勝利をあげ、
小倉大賞典で重賞を連勝します。

圧巻は、金鯱賞。4コーナーで他の騎手がが必死に手綱をしごくなか、
サイレンススズカはすいすいと逃げ、さらに直線で差を広げ大差勝ち。
直線の短い中京競馬場ではなかなか見ることのできない「大」の文字が掲示板にのりました。

続くGⅠ宝塚記念では、武騎手が苦渋の選択でエアグルーヴに騎乗。
騎手は南井に乗り代わりとなります。

いつもと変わらぬ軽快な逃げで、最後ステイゴールドとエアグルーヴにつめられますが、
1着でゴールイン。初のGⅠ制覇となりました。

休養をはさみ秋初戦の毎日王冠がまたも圧巻のレース。
武騎手に戻り、いつものとおりの逃げで直線へ向くと、
次走でジャパンカップを制するエルコンドルパサーや、
その年の有馬記念を勝つグラスワンダーをよせつけず、圧勝。

続く天皇賞秋では単勝1.2倍の圧倒的1番人気。
好スタートを決め、いつものポジションから向こう正面で徐々に後ろを引き離す姿を見て、
誰もが圧勝を信じて疑わなかったと思います。

悲劇は3コーナー手前でおきました。
サイレンススズカがつんのめるような形になって武騎手が振り落とされそうになり、
急激にスピードが落ちました。
後ろの馬群を避けるように外側に回避しそこで競争中止。
安楽死処分がとられました。


走るたびに強くなる姿を見て、どこまで強くなるのか、
どこまで速くなるのかという思いを抱かせてくれる馬だったと思います。

あのスピードを後世に伝えることができなかったのが本当に残念でなりません。


なんだか、書きながら泣きそうになってしまいました・・・。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cpabaken.blog9.fc2.com/tb.php/44-0c6e2074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。