2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

この馬を初めて知ったのはダイヤモンドSの予想をしているときでした。

イングランディーレは、それまでダートを中心に使われてきており、
初勝利に4戦を要し、2勝目までもさらに5戦を要しています。

青葉賞・ユニコーンSと重賞を使うも、ともに13着と、
この時点での上位との能力差は明らかでした。

休養を挟んで秋に1000万クラスを卒業すると、
陣営は、ステイヤーズSへの挑戦を選択します。
このレースで長距離適正の片鱗を見せ、僅差の4着になります。

次走1600万クラスのダートで6着となった後に選んだのが、ダイヤモンドSでした。

この時点で4歳初めにして、芝のレースは未勝利。
当然のごとく8番人気と評価は低かったのですが、
ステイヤーズSの結果や斤量を考えると狙い目と思い、
本命で買ったのを覚えています。

結果は、3200mを逃げ切り見事1着!

続く日経賞も定量戦ながら4コーナー先頭の強気の競馬で勝利。
天皇賞春へ駒を進めます。

初のGⅠ挑戦で、長距離血統の力をみせつけるか?と思いましたが、見せ場なく9着におわります。


続きは明日へ・・・。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cpabaken.blog9.fc2.com/tb.php/45-545591c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。