2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続いて京都ダート1400です。

京都ダート1400の特徴は、ダート1200の特徴に加えて、
スタート直後芝の部分があること及び向正面の直線が長いことが上げられます。

このことから、相変わらず逃げが有利であるものの、
先行や差しも届きやすいと言えます。

純粋なダート馬の場合、芝の部分でもたつき位置取りが後ろになることがあったり、
スタートがいまいちでも、向正面の長い直線を生かして強引に先頭につけようとして
ペースが速くなることもよくあります。

先ほどと同じく、年明けの連対馬20頭の脚質をあげると
逃げ-12
先行-5
差し- 3
追込-1
となっています。

比率的にはダート1200の場合とほとんどかわらないといえますが、
4コーナーを先頭でまわった馬が、ダート1200では4勝しているのに対し、
ダート1400では1勝しかしていません。

ダート1400の場合は、先頭にたって逃げる馬よりかは、
2番手につけられる馬の方が狙い目といえるかもしれません。




↑↑ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
御訪問&コメントありがとうございました。なかなか参考になりそうなブログですね。
ちょこちょこ遊びによせてもらいます。
2009/01/22(木) 22:24 | URL | ゴウ先生 #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして、コメントありがとうございます。アメブロのベタも連日ありがとうございます。私の競馬予想はかなり斜めから見たものですがデータに関しては正面から捉えていると思いますので参考に成るようであれば幸いです。   ミスター
2009/01/23(金) 02:47 | URL | ミスター #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cpabaken.blog9.fc2.com/tb.php/6-9aaa899a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。