2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

中山芝1800mはゴール手前の坂下をスタートし、内回りコースを一周するコース形態となっています。

スタートしてから1コーナーまで直線が短く、また、スタート直後が上り坂になっているため、基本的に先頭争いがあまり激しくなりません。その後は、ダート1800mと同じような感じで、4コーナー手前からペースアップすることがよくあります。

最後の直線は短いのですが、最後に急坂があるため、ペースしだいで差し馬がくることもあります。

1800mのコース設定は1200mと同様あまり多くないので、昨年12月と今年1月の開催分を集計します。連対馬の脚質は以下のとおりです。

逃げ - 9
先行 - 5
差し - 5
追込 - 1

基本前が有利で、差しも届くと考えておくといいでしょう。

特徴的なところをあげると、対象の10レース中、4コーナー先頭で回った馬が、5連対しています。また、2番手の馬も3連対です。逆に、1番手または2番手の馬が連帯していないレースは2レースしかありません。

しかも、1番手の馬の人気は、それぞれ(7 6 6 6 4)と、人気薄ばかりです。

ペースに関わらず、1番手もしくは2番手の馬が粘りやすく、(特に人気薄で警戒されない1番手の馬が狙い目)、後ろの馬が届くかどうかはペースしだいといえるでしょう。

人気薄の単騎先行は要注意です。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cpabaken.blog9.fc2.com/tb.php/60-f2493da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。