2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

遅ればせながら阪神競馬場の紹介をします。まずは、全体的な特徴から。

2006年に改修が行われ、芝コースは従来の内回りコースの3コーナーから4コーナーの外側に外回りコースが作られました。

従来は、中山競馬場のような小回りコースだったのですが、外回りコースの最後の直線は473.6mもある大きな競馬場に生まれ変わりました。

東京競馬場でも同じことがいえますが、最後の直線が長い=追い込みやすい というわけではなく、ぎりぎりまで仕掛けを遅らせるがために、前の馬が残ることもしばしばあります。

他の特徴としては、4コーナーから直線半ばにかけてゆるやかな下り坂があり、ゴール手前に150m程度、急な上り坂があります。

最後に急坂があることや広いコースであることから、先行・差し馬が有利なケースが多いです。というよりも、実力通りの結果になりやすいということかもしれません。

ダートコースは芝内回りコースの内側に作られていて、やや小回りな作りです。下り坂・上り坂ともに芝コースよりも若干緩やかになっています。

坂が緩やかなため、芝コースよりも前が残りやすい傾向にあります。

各距離別の特徴は、明日以降にします。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

チューリップ賞のブエナビスタ、弥生賞のロジユニヴァース、ともに強いレースでしたね!

チューリップ賞は、ブエナビスタがいつもどおり後方からの競馬となりますが、追い込みの届かない馬場状態を考えて向こう正面で徐々に進出していきます。直線は逃げ馬が粘りこみをはかります、一完歩ずつ差をつめ、最後は並ぶまもなく差しきりました。

2着に逃げ粘ったのが、未勝利勝ち後の初芝の馬ということでレースレベルに?がつくのですが、追い込みづらい馬場を並ぶ間もなく一瞬で差しきった脚はさすがで、強い相手の見当たらないこの状況では、オークスまでは堅い気がします。

弥生賞は、ロジユニヴァースが逃げる展開となり、直線でも差を広げ最後は手綱を緩めるワンサイド勝ちを決めました。

ただ、タイムが2分3秒5と京成杯よりも遅く、他馬にもつけいる隙があるような気がします。本番ではセイウンワンダーの巻き返しも期待されますし、リーチザクラウン、ブレイクランアウト、フィフスペトル、ナカヤマフェスタなど対抗馬もたくさんいます。

今週以降もクラシックトライアルが行われますが、どんな馬が登場するか楽しみです。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

↓↓ブログランキング参加中↓↓
ぽちっとクリックいただけると嬉しいです☆
     

昨日、万馬券を3本をとりました。

予想していないレースで的中結果を語るのは、後だしジャンケンのようで、基本的には控えているのですが、今後の予想に役立つ当て方だったので紹介しておこうと思います。

【阪神9レース 播磨特別 芝1400m】
1着 6 ボーダレスワールド
2着 1 ミルクトーレル
3着 3 ルールプロスパー
三連単 175.5倍

阪神も中山もなのですが、芝コースは極端に内有利になっていて、外差しが決まりにくい状況です。そこを考慮にいれると、人気の10ルミナスハーバーは外目の差し馬で差しきれない可能性が十分にあります。

逃げ馬に強い馬が不在のため、軸は内目の先行馬6に決定。相手は、能力を脚質と枠を考慮すれば、1も3も買えます。結果、10が6着に沈んだため、2-3-4番人気の決着で175.5倍とおいしい配当になりました。


【阪神10レース 仁川ステークス ダート2000m】
1着 9  エスケーカントリー
2着 12 サトノコクオー
3着 7  マコトスパルビエロ
三連単 302.2倍

人気のアロンダイトは、1年5ヶ月の休み明け。ジャパンカップダートを勝っているとはいえ他に重賞勝ちはなく、前回の休み明けも4着に沈んでいます。オープンとはいえ骨っぽい相手のそろったここは思い切って消しました。

能力の比較が難しかったのですが、エスポワールシチーをものさしにすると、マコトスパルビエロが一歩抜けています。エスケーカントリーは、休み明け2戦目で55キロ、東京2100mが得意のこの馬はスタミナ豊富と見え、京都1800mより断然阪神2000mの方がいいでしょう。

順位付けが難しいので、珍しくこの二頭の軸マルチで、相手は、安藤勝が選んだ12サトノコクオー、阪神得意の2クリーン、持ちタイムの良かった5ユウキタイティ、11トーセンアーチャーを買いました。

結果は3頭大接戦。マルチにしておいてよかったです。


【中山11レース 弥生賞 GⅡ】
1着 10 ロジユニヴァース
2着 2 ミッキーペトラ
3着 5 モエレエキスパート
三連単 269.3倍

前走ちぎったリーチザクラウンがきさらぎ賞を勝ち、10ロジユニヴァースは鉄板でした。外枠ですが、少頭数で前に行く脚質であれば、外差し不利の馬場の影響も受けません。

もう1頭の人気馬6セイウンワンダーは、調教の動きが今いちで、明らかにたたき台の様子。マイルまでの経験しかなく距離延長にも不安を残すため、思い切って消しました。

相手は、能力的に不要と思った3頭を消し、三連単10一着固定、二・三着に2,4,5,7,9を買いましたが、人気馬が飛んでくれたため意外な高配当になりました。

なお、馬券にはからみませんでしたが、3が最後方から内を通って僅差の四着にまできたのが、内有利を示しているかと思います。


それぞれ、馬券ゲットの要因は違うのですが、実力評価を綿密に行ったうえで、展開、コースの特徴、当日の馬場状況を考えると、的中率は高くなるものと思います。

今週末も、芝コースは内有利であることにかわりないと思うので、予想に考慮に入れておきましょう。


ちなみに、阪神11レース大阪城ステークスで、大外を回ってぶっちぎるかと思われたオースミグラスワンも内から差されて3着でした。


【NEW】競馬で一生儲かる秘策はコチラ!

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com


この記事を読んですばらしい!と思った方、
クリックお願いします!↓↓
     


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。